ふたば☆ちゃんねるのニ次元裏@ふたばでやっている、 『グロ妹スクリプト』の雑記などをブログにしてみたもの。 雑記って何書けばいいんすかね
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DGウルトラマン3 ジャンボキングレビュー
母さんレビューってどうやればいいのか全く分からないわ・・・

DVC00186.jpg


まあそんなこんなのパンナコッタでDGジャンボキング2種類ですよ奥さん
発売まで随分と掛かったけれど待ったかいはあったねと言わんばかりに
今までで出たジャンボキンググッズの中で一番いい造型してると思うよこれは
本編見た事無いけど

DGウルトラマン3は1回300円で回せるガチャポン商品で、
DG(デジタルグレード)とはデジタル彩色技術により
今まで以上に細密な彩色を施されたガシャポンフィギュアシリーズ、なのだとか

そしてその評判通りにこのDGジャンボキングは彩色がはっきりしていて素晴らしい
ちょっとはっきりし過ぎてるのが気になるけれど、こういうのもアリだ
所々が墨で汚れたようなウェザリングも雰囲気で照るし
リアルっぽいなーってだけで買う価値ありだよ
リアルなジャンボキング・・・リアル、リアルってなんだ?

でも彩色より造型ですよ
例えば、ソフビ道のジャンボキングは全体がソフビっぽくソフトな感じで
特撮ヒーローズのはデフォルメ効いてて
怪獣戯画のはエースに背中乗られているときの劇中の再現度が高いって感じで
怪獣天国のはデカい、そして昔風のノスタルジーを感じるデザインと
ドレもそれぞれ味があっていいんだけれど
今回のDGジャンボキングは程よい大きさでこれでもかってくらいリアルな造型で、
手のひらに載せればそこにジャンボキングがいるかのような
ごめん自分でも何言ってんのか分からなくなってきた・・・
とにかく今回のジャンボキングは手のひらサイズのすげえ奴!ってことさ

でもなあ・・・もう一つのアナザーバージョンの塗りの異次元ジャンボキングについては
お兄さんちょっとレスしづらいよね・・・
そもそものこのシリーズのコンセプトがデジタル彩色による細かい塗りにあるわけで
でもこの異次元ジャンボキングは、例えデジタル彩色だったとしても
うーん・・・適当にスプレー吹いたようにしか見えないような・・・
いや、嫌いじゃないです、嫌いじゃないんだけど・・・
もっとこうさ、某所で言ってたような夕焼けバージョンとかのが
よかったんじゃないかなーって・・・ね?
クソッ・・・ジャンボキングがメビウスにも出ていればバリエーションももっとあったのに!!!

そんなジャンボキングですが、今日の夕方6時半より
東京MXのウルトラマンエースの再放送でついに登場です
この日のためにずっとエースの再放送見続けてきたんだ・・・やっと、やっと!!!
じゃあみんな見るんだよー

DVC00187.jpg
おまけ:歴代ジャンボキングを並べてみた
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
並んでるところがなんとも可愛い…
2010/08/23(月) 00:45:27 | URL | ふとし #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。