ふたば☆ちゃんねるのニ次元裏@ふたばでやっている、 『グロ妹スクリプト』の雑記などをブログにしてみたもの。 雑記って何書けばいいんすかね
ウルトラマンマックス第五話「出現、怪獣島!」感想
1122676600855.jpg

多っ!!!

と、言うわけで今回は怪獣てんこ盛りな回でした
まずピグモンから
ピグモンと言えば、その後もかなりリメイクされてきた人気怪獣
パワードの奴やコスモスの似たような怪獣など、そういえば80にも似た宇宙人が出てきていました
でもピグモンって本当に人気があるんですよね
今はどうか分からないけど、今から10年ちょっと前にNHKの衛星放送
でやっていたウルトラマン特集での怪獣人気投票では
(これは東京、金沢、沖縄の3都市の会場で別々に集計したものですが)どの会場でも上位3位内に入るほどの人気ぶりで、女の子などに人気があったみたいです
(ちなみに、ゼットンとバルタンとピグモンで何処の会場も上位を占めてました)
で、今回のマックスピグモンは初代マンのイメージに近く、少し丸くなったような感じがします
結構可愛かったりして、好感触です
でもカイト、友好の印とか言って食べ物のパッケージを指に巻くのってどうなの? っていうかそんなに面白がって食べ物与えるなっての
それで次はレッドキング
カッコイイ! いいねあれ! 豪快だよ!
はじき返す! 蹴り返す! そんでもってぶっ叩く!!!
そこがもっとド派手に演出出来てればもっと良かったと思います
そして次回第六話「爆発、5秒前!」、今回の続きです
ピグモン、死んじゃうのかなぁ・・・・・・


そういえば、最近気付いてきたんだけれど
ネクサス・・・最初は散々叩いてきたけど、不遇な子ほど可愛いというか
結構好きな自分がいるんだよね・・・っていうかイズマエルのソフビまだ出ないの!? 出せよ!!!

それと、実はマックスはちょっと全体的にパワー不足かなと思っていたんですが
今後の二十話くらいまでの予定を見ていると、結構興味惹かれる内容が目白押しでした
再来週の七話はミズキのオーソドックスなラブストーリー
10話にはいよいよ待望の黒田洋介脚本の回
ゼットンは13話、キングジョーは14話で連続して登場するみたいなんですが
現段階でのサブタイトルが「ゼットンの娘」「恋するキングジョー」と、内容が全く読めない!
17話「第三番惑星の奇跡」や第18話「わたしはだあれ?」なんかは
ウルトラセブンの話を思い出すような題名でさらに興味を惹かれます
自分自身、ウルトラシリーズ全編徒通して後半の方の話が好きなんで今から楽しみです!

さて、これからにじけっと2の原稿描きながら「ゆめにっき」だ!
スポンサーサイト
「ゆめにっき」にっき その3
一週間でギブアップ・・・




20050729235943.jpg
画像は自転車で颯爽と鳥女を追い越していく窓付き

自転車取ったどーー!!!

ってか、そんなに難しくは無かったよ
ただ、その部屋が下のほうだったから取るのが遅くなっただけだし
あとは「ほうちょう」のみ!
何処だ! 何処だ「ほうちょう」!!!
「ゆめにっき」にっき その2
20050728232941.jpg


うちの窓付きはマフラーに帽子がデフォなんですよ
いいですよね? 帽子とマフラー

というわけで、色々あってしばらくおざなりだった「ゆめにっき」を再開してみました
これって「MOON」と同じ感覚って考えてやった方がいいんですかね?
さんぽ気分であっちこっち歩き回って
色んなものみて楽し・・・


逆に気が滅入るよなぁ・・・

まず、当面の目標として
実家の弟が自慢していた「じてんしゃ」と「ほうちょう」の
入手を目標として歩き回りたいと思います
自力でやっちゃる、自力でやっちゃるけんね・・・
本気で心配になってきた
ちょっと思うところがあって
今日100円ショップで油粘土を購入してきました

昔はよく粘土で遊んだもんです
それこそ、トルネコの店みたいなもの作ってストーリー仕立てで遊んだり、合体ロボとか作ったりして遊びました

でもね、今と昔じゃ全然違ってくるもんでね?




手がめっちゃ疲れる!



昔は全然気にもならなかったけれど
今粘土をこねたり、形作ったりするだけで疲れてしまう
なんか最後の方になると顔真っ赤にしながら必死こいて粘土こねてる自分がいてさ・・・・・
それと、想像力が全然衰えてきてるのにもショックだった
前なんかヒョイヒョイ自分の作りたいものをたくさん作れたのに
今なんかどう作ろう、どんな形にしようって考えてる段階で躊躇してる始末

ああ・・・ホント自分の体に危機感を感じるよ・・・
『見えない恐怖』 ~米搗き害虫 ノシメマダラメイガ 登場~
念レスってPOMってることにはならないんですかね・・・?

・今日の響鬼さん感想

1122160326433.jpg
「カメバズーカでーす」

1122160325493.jpg
「キングトータスでーす」
「クイントータスでーす」


いやだって、っぽいじゃん!
*分からなかったらぐぐってね!


そんなわけで、プリキュアが無い分テンション3割ダウンしながら
やる気ねー、やる気ねーとくすぶっておりましたら
昨晩の恐怖が蘇ってまいりました




20050725003204.jpg
ウルトラマンレオ風怪獣紹介

昨日はうろたえるだけで何も出来なかったけど
今日は昨日の分の怒りま合わせて行動力倍増だぜ!!!
と言うわけで、ベランダに新聞紙を敷き米びつをその上に置き
ゴム手袋をしたら戦闘開始!
丁度メルヘヴンが始まった頃だったのでついつい「わくわくがとまらねー('A`)」などと言いながらコメツキムシ殲滅作戦開始
外から確認出来るノシメマダラメイガ(面倒なので以下メイガ)の成虫は全部で4匹
もちろん米びつを空けた途端に襲い掛かってくるのは明白
ふたを開けるのに少し躊躇したけれど、意を決してふたを開けた!!!

・以下、その時の独り言のみで状況をご想像してください

げっ!?飛んだ!!やっべってマジぶわぁーって
死ねオラアァア!!!!!一匹目撃破!さて、残りは・・・・ん?
ぎゃああああぁあ足にしねええあああああああああ!!!!!!!
に、2匹目撃破・・・・・きったねぇ・・・服のしたかああぁああああぎゃああぁああああ!!!!!!
何処!残り一匹どこ!!!どこや!!!!!何処やあぁああぁああああ!!!!!!!

戦果:撃破3匹、行方不明1匹、肉体ダメージ皆無、精神的ダメージ大

その後、お米の中にまだいないか探しつつ橋本5段の将棋をみてました
美味しいチャーハンを作ろう! 米とぎ編
DVC00021.jpg



肝心なご飯が無いのでまずはお米を砥いでご飯を炊きましょう




DVC00020.jpg


















20050724033925.jpg




















20050724033947.jpg










1122071688333.jpg




助けてください!



助けてください!!!




次回、激闘編に続く
ウルトラマンマックス第四話『無限の侵略者』感想
1122071688332.jpg


ふたばの実況や、他の方々のマックスの感想なんかを見ていると
よく、マックスの演出や脚本に関するダメ出しなんかが目に付きます

・・・まあ事実だろうけどさ

やっぱし年食うと、人の悪い所ばっか目が行ってしまっていかんね・・・
その所為でネクサスも早々に切ってしまったし
でも、基本的にダメ出しすることはいいことだと思うんですよ
実際、そういうダメ出しって結構的確な所突いてるのも多いし
もしかしたら、こういう関連のサイトの感想とかスタッフが見てたりすることもあるやもしれんし・・・それは考えすぎ?
たださ、気に入らないからって『死ね』だの『ウザイ』だの『キ○ガイ』だの『メ○ラ』だのと殆ど中傷にしか聞こえないような言葉を羅列しただけの感想とは程遠い愚痴には何の意味も無いけどさ
中坊のガキかっつの


まぁ、そんなことは置いといて、今日の感想
前半のスラン星人の変身(寄生?)していた警備員のオッサン恐すぎ
ヒュンヒュンと残像描きながら直線移動したかと思ったらイキナリ画面にバン!とアップで写るんだもの
そりゃ、中年のオッサンが平日の街中であんなヒュンヒュン動き回ってたら飲みかけのコーラ吹くよね
っていうか、マックスで人が死ぬ描写見たのって初めてのような気がする・・・
あと、やっぱりみんな出撃前の小コント(?)嫌いなのかな・・・
さすがに日本の平和を守る警備隊が毎回あの調子じゃ呆れてしまうのも事実だけど
あれが無かったら無かったでまたつまらないものになっていたと思うし
うーん・・・難しいよね
でも、最後の
他の隊員←カイト合流、よーしみんな帰るぞー、おー
ってのはもう飽きたんでもういいです

そんでもって次回第五話『出現、怪獣島!』
レッドキングなのじゃよ~
遂にレッドキングが登場するのじゃよ~
ついでにピグモンも出るんじゃよ~
そのほか2体新怪獣も登場、まぁ楽しみっちゃ、楽しみか
それじゃまた来週!
柱時計はボンボン鳴るんだよ!
えー・・・昨日の今日でなんなんですが
それはそれ、ひとまず置いといて・・・


『海の大陸NOA』



未収録分込みで


新装丁版刊行決定!!!




イエェェェーーーー! やったね!
ボンボン読者でこれを待ち望んでいた人は数多くいただろうと思うけれど
復刊ドットコムが交渉を開始して2年
それが影響したかはどうかはわからないけれど、本当に長かった
ちなみに発売は講談社のKCオンデマンドから

http://www.comicpark.net/cm/comc/kodansha/detail_kc.asp?keyword=COMC_AKC00049&detail=1&flag=-1&searchtype=all

オンデマンドといってもガナリ社長のところじゃないよ


ところで未収録分と言えば海賊編、つまり地球を破壊してしまうほどのパワーを持つ田中さん(山田さんだったか忘れたけれど)が遂に登場するわけで
コイツは楽しみだね、って値段をよく見てみると・・・・・・


一冊1260円かぁ・・・・


まぁ、よし!


【蹴る】+【殴る】=ケルナグール
ここ数日、どうにかこの間見てきた『姑獲鳥の夏』の感想をまとめようと努力したんですが
どうにも思い出すだけで頭が痛くなってくる
いや、面白かったには面白かったんですがね、全てを理解しようとすると、さすがに頭が悪いもんで痛くなってくるんです
頭では理解してる気になってるけれど、いざ文に起こすと訳がわからなくなってくる感じというか・・・
で、やっと言葉に出来た感想が

猫が可愛かったね

いや、もうこれくらいしか言うことが出来ないというか、いや面白かったって!本当に面白かったって!最後の閉め方とか好きだもの!
最後の最後で吹いたけどさ


ところで、映画が始まるまでの暇つぶしに、近くの本屋で
『はじめてのファミコン』という本を買いました
これは中学生の子供にファミリーコンピューターのゲームをやらせたらどうなる、というのを4年間も続けたのを本にまとめたもので
結構スペランカー先生とか出てて面白かったです
それで、その中に『ケルナグール』もあったのですが、昔見たような気がして家の中を探してみたら
昔親父が買ったゲームソフトの中に有りました
で、気が付いたら4時間もぶっ続けでやって頭が痛いのなんのって
いや、これ本当に面白いですよ、嵌るわマジで
ウルトラマンマックス第三話『勇士の証明』 感想
1121468784970.jpg
今日のMVP



よくウルトラマンでどのシリーズが好きかとか、そういう質問をすると、よく
『マン・セブンは好き、でもそれ以降は嫌い』
という意見が出る事が多いです
確かに、マンやセブンには社会性の高いメッセージが盛り込まれた話などが有り
大人でも楽しめる作品として、今でもファンが多い事は確かです
それらを引き合いに出して、マックスのダメ出しをするのも悪いとは思いません
むしろ原点に帰ると言ってるのだから、引き合いに出すのは当たり前かと思います
でもですね、第2期ウルトラシリーズが嫌いと言うのはどうかな・・・と
いや、確かに『帰ってきたウルトラマン』以降は子供が見ることを主体としてましたけど・・・
それこそ、ウルトラ兄弟などの設定などは子供向けでしょう
帰マンの『怪獣使いと少年』などのような例外を覗いては子供が見ることを中心にして製作されていたはずです
だから、話が面白くないと感じるのも仕方が無いと思います
ですが、いくらなんでもタロウや80のようなファミリー色の強いものを「最悪な作品」と言ってしまうのは、正直面白くないですね・・・
そこまで見下した言い方をしなくてもいいのではと、とあるブログを見て思いました

と、最初にちょっと愚痴らせてもらい申し訳ありませんでした
それでは今日のマックスです

UDFの上層部の会議で、ウルトラマンマックスは強大な力を持つエイリアンであり
現段階では、敵か味方か慎重に調査するということになった
それをよく思わないカイトは反発する
一方そのころ、ある古代遺跡より怪鳥レギーラが出現する
マックスが味方であることを証明したいカイトは無謀な戦い方をして、マックスに変身しようとする
しかし、マックスは現れず、カイトはレギーラに落とされてしまう
隊長は、自分たちの任務は勇士を証明するためではない、とカイトからDASHのバッチを取り上げてしまう
そしてカイトは、自分のするべき事は人々の平和を守るだと言う事を改めて知ったのだった
程なくして今まで行方が知れなかったレギーラが日本に上陸
カイトもマックスに変身し、これに立ち向かう
レギーラの光線に体の自由を奪われてしまうが、マクシウムソードでこれを切断、そのままレギーラに一太刀を浴びせ、倒した

前二話が怪獣とウルトラマンがメインだったのに対し、今回は話がカイトや他のDASHメンバーを中心に展開していました
最初のカイトが反発するシーンはちょっと如何なものかと思いましたが
隊長がカイトに戦う意味を問う所など、面白いと感じる所もたくさん有りました
レギーラとDASHバードのドッグファイトもなかなか迫力があってよかったです
でも、昔の特撮に慣れ親しんだ人には、CG合成は違和感を覚えるのでしょうか?
怪獣との戦闘シーンも、今回は色々やってくれて面白かったです

そして次回、第四話『無限の侵略者』 高速宇宙人スラン星人登場
遂に宇宙人登場です、しかもむっちゃ速いです
どんな戦いを見せてくれるのか、今からとても楽しみです!
「ゆめにっき」にっき
「すごいよ!マサルさん」のフーミンになって
群がる不良たちを鉄パイプでなぎ払った

今日見た自分の夢

そんなよくわからない夢よりさらによくわからない夢の世界を歩き回るゲーム
それが、今二次裏で少し注目を集めている「ゆめにっき」です
詳しくはグーグル検索☆
落としたのは随分前なんですが、起動に失敗してからしばらく放置してました
が、連日の「」達のプレイ感想などを聞いていくうちに、再び起動する気になりました

初プレイです



以下、ネタバレになるやも知れないので、未プレイで内容が知りたくないという方はここで読むのをお止めになった方がいいです





まず「はじめから」を選んで出た場所は何処ぞの部屋の中
主人公の女の子の名前が「窓付き」という時点で何かしら病んでます
ベランダに続く窓から外に出てみると、空の色がまた病んでます
テレビの傍にゲーム機があって、それを調べると「NASU」というミニゲームがプレイ出来ます
内容は空から降ってくるナスをジャンプして食べると点数が貰えるシンプルなもの
ただし一個でも落とすとゲームオーバー、(数十回もやってた自分が)病んでます
そして部屋のドアから別の部屋に行こうとしたら、何故か嫌がられました
病んでます
布団に入って寝るといよいよ夢の中へ旅立つことになります
夢の中で最初に出た所は自分の部屋のベランダ
そこから中に入ってドアから出ると、たくさんドアがある空間に出ます
とりあえず、一番近い右のドアに入ってみることにします
街灯がポツポツとある、真っ暗な空間が広がっています
適当に下へ進んでいくと、家?部屋?が大きいのが出てきます
部屋の中にはベッドがたくさん有ります
部屋の中の壁に赤い矢印が下を指していて、その下には真っ赤な血溜まりが広がってました


20050714235834.jpg
病んでます

コレ書いてる自分も病んでます

そこに入ったら、なんか変な人に殺されました



うぼぁー

20050714235856.jpg
変な人達に殺されるの図
ご無沙汰です・・・
2,3日ぶりですか、ちょっと立て込んでて更新できませんでした

とりあえず、コミケの原稿も締め切りギリギリの上、ほぼやっつけ仕事でしたが終らすことも出来ました
前回よりは(精神的に)余裕を持って取り組めましたが
締め切り前日に風邪を引いてしまい、作業云々と言ってられない状況でした
それでもなんとかなるもので、熱で朦朧としててもペンで殴り描いて仕上げました
あとがきに沙耶も描きました
にじけっと2受かりました
jhg.jpg

肩が赤いやもしれませんが、受かりました
今回は余裕を持って申し込みが出来たので
(と言っても送ったのは7月を過ぎてから)
割と合否には不安を感じませんでした
内容は二通り考えてあるのですが
とりあえずまたコピー本で行ってみようかと思います

でもですね・・・一つ問題があるんですよね・・・










今現在、コミケの原稿締め切り4日前










進行状況:残りの3/4の下書き

まだ手付かず













本気でヤバイ

月から水曜日まで二次裏来れないかもしれません
ウルトラマンマックス第二話『怪獣を飼う女』 感想
1120862166945.jpg


そうか、みんなロボ子(エリー)が好きか



そうか、みんなガイジンの人(ショーン隊員)が好きか



俺も大好き



今日のお話は夜の町中に突然エレキングが出現し、町の電気を奪う所から始まる
しかしDASHが現場に到着するとすぐに消えてしまい、倒す事が出来ない
そこで、怪獣が消えた地点を調べてみると、ある女性の部屋から怪獣反の反応が出ている事が判明する
カイトとミズキは女性を監視し、エレキングが体を小さくして
その女性に寄生していることを突き止める
しかしエレキングは巨大化し、ベースタイタンの電力までも奪われてしまい
DASHは出撃することが出来ない
そこでカイトはウルトラマンマックスに変身してエレキングに戦いを挑む
エレキングに尻尾で雁字搦めにされ、電気を流されて苦戦をするが
エレキングの角の片方をマクシウムソードで切断、刹那にマクシウムカノンを発射
これでエレキングを倒す
エレキングは遠い宇宙からやってきて、女性に寄生して悪事を働いていたのだった

と言ったような内容だったのですが
二次裏や実況ではあまり評判が悪かったようです・・・
確かに、まだ話のオチはこじ付け気味だったかなあ、と思いますが
でもそんなに落胆するほど酷いわけでもないですし、むしろあれくらいでいいんじゃないかと思います

まだ二話目だしね☆(かなり甘めの考え)

しかしオチとしては、寄生されていたのではなく、女性自身の意思でエレキングを操っていたみたいな方が良かったかなと思います
それこそ、怪奇大作戦みたいな感じで

孤独な女性が自分を理解してくれるたった一つの存在である「エレキング」
しかし「エレキング」は倒されてしまい、再び彼女は孤独な日々に戻る
ラストは一人、薄暗い部屋の中でテーブルに横になり、独り言をぶつぶつと言う女性を映したままフェードアウト

こんなモノ放送した日の土曜日なんか楽しく過ごせないよ!!!

そして次回は第三話『勇士の証明』 古代怪鳥レギーラ登場
マックス変身不可能になるらしいです
ところでレギーラはセブンのアイロス星人やティガのガゾートのようなフォルムの怪獣ですが
鳥じゃないっすよねぇ

来週は絶対MXのウルトラマンは見逃さないぞっ!
やっちまった・・・・・・

昨日に引き続き、OSファンブック話題で失礼します

昨日、かなりの労力を掛けてやっとOSファンブックを手に入れたのですが
実はアマゾンのほうでもう一冊予約していたのです
弟が欲しいっていってたからです
ええ、小学六年で人のパソコンの中からランス(鬼畜王)を探し出して
俺よりも上手くプレイしてたふたば歴が俺と同じの
弟です

それは置いておいて、ファンブックって一回発売延期になったじゃないですか、なったんですよ
その後でもしや取り消しになったんじゃないかと不安になってメールを見てみたんですが
何故か予約の確認のメールが来てなくて
それじゃあ取り消しになったんだろうと、もう一回予約したんですよ

そうです、最悪の事態になってしまいました



2個来ることになりました



計3つのファンブックがうちにあることになります

合計、7100円 プラスもろもろの交通費等込みで 8000円





ああぁぁあああもう!!!!


あああああぁああああああもう!!!!!!



でも

後輩が買い取ってくれることになったので、よかったです
OSファンブックを買ったのさ
    1112612597522s.jpg

・・・まぁ、ね
いいじゃん・・・へたあきや息子さんとかの漫画読みたかったし・・・
表紙にうちの子の名前出てるんだし・・・

と言うわけで、今日はこれを買うのに近所の本屋を軒並み探し回って、そのうちの一軒に入荷してないか聞いてみたらなんか勘違いされて長い間待たされて挙句の果てに宙出版にまで問い合わせられるし、結局バス代往復840円も出して市街地まで出て、また軒並み探したけれど何処にも無くてもうなんだよ死ねよみたいに世の中全てを呪っていたらアニメイトに丁度一冊だけ入荷しててヨッシャアアアァアァアア!!!!!って思わず心の中でガッツポーズ!と色々あった訳ですが

・・・・・・忘れてしまおう

内容は、まぁ普通かな、みたいな感じでした
へたあき最高



っていうかさぁあ!!!またMXのウルトラマン見忘れるしさぁあああ!!!!
微妙なんだよあの時間帯さ!!!
ああぁあああもう!!!!ああああぁぁあぁあああああもう!!!!!
力の限り・・・
良かれと思ってぇ・・・・良かれと思って・・・・・・・

でもそれがいかんかったんじゃあ・・・・・・


いやぁ・・・やっぱり自分より年上の人って自分の知ってることくらいは
絶対知ってる、みたいな心理があったんですよ
二次裏なら20歳以上が殆どだろうし

マイティジャックはダメでも
マイティボンジャックは知ってると思ったんだけどね・・・
『マイティジャック』 『戦え!マイティジャック』 DVD化決定
結構遅い情報ですが、今月発売の『特撮エース №,10』に書いてありましたが
いよいよ、来年の初頭にDVDで
『マイティジャック』と『戦え!マイティジャック』が発売するそうです
企画としてはウルトラデジタルプロジェクトの一環として
第九段、第十段として作られるそうです

『マイティジャック』は1968年にフジテレビで放送された
大人向けの一時間枠のSF特撮ドラマで
『戦え!マイティジャック』はその続編(?)で
30分に時間を短縮し、対象を子供向けに転進したものです
(前作があまり視聴率で伸び悩んだためだそうです)

とは言っても、自分がマイティジャックを知ったのは
『空想歴史読本』の中の引用文の一つからでしたし
熊谷カズヒロ氏の漫画版しか読んでなく、実際の映像と言うのは全く見たことがありませんでした
それでも、漫画版はとても面白かったと思ったし
この頃の円谷作品と言えば、丁度セブンの後の頃なので
今から少し楽しみです

ちなみにマイティジャックでグーグル検索すると
マイティジャックと戦え!マイティジャックの
OP映像が置いてあるサイトを見ることが出来ます
OPを見る限りでは、物凄く面白そうな雰囲気を感じるのですが
これって著作権的に大丈夫なのかなあ・・・・・・








4960677250015.jpg
ちなみにこれはマイティボンジャック
ぱにぽにだっしゅ・・・
前期のアニメはその殆どを見ずに切ってしまい酷く落胆したものでした・・・
そこで今期は如何に見る前からダメそうでも一話は絶対見ることにしました
あ、でもU局は電波悪くて殆ど見れたもんじゃないから無視な・・・orz
とりあえず、7月からの新アニメ
日・・・ぱにぽにだっしゅ
月・・・GUN×SWORD
水・・・タイドライン・ブルー
木・・・苺ましまろ
この4つは無理にでも録画して見てから視聴継続するか決めたいと思います

・・・・・・涼風は分かりきってるから見ない・・・・・・

と言うわけで、今日は録画してあった『ぱにぽにだっしゅ』を見ました
ぱにぽには漫画は読んだこと無かったんですが
いや、でも上記の4つの中では一番期待度が低かったわけなんですよ
だってガンガン系だし・・・・・・・・・・・いや、ガンガン嫌いじゃないよ!?
だって昔はグルグルとか好きだったもの
でも・・・なんか最近は安易な萌え漫画ばっかりのイメージしか無いんだもん・・・
挙句の果てにひぐらしをよりによって3誌で同時に漫画化するし・・・
もうわけわかんねぇよ・・・中高生メインかよ・・・

なんて先入観から『まほらば』も全く見ずに切ったのですが
実況を見る限り・・・・・・面白そうだったわけで・・・・
なんで見なかったのかな・・・・

もうそんな悔しい思いをしたくない
そんな想いからぱにぽにを見ることを決心したのです!
で、見たんですが・・・・・・





うわぁ・・・・





こりゃダメだぁ・・・






でもね






そのダメさが心地良い・・・







視聴継続決定


次回に続く
髪の毛を切ってまいりました
今日はどちらかと言うと寒い日だったと感じました
・・・寒かったよねえ?
実際クーラー付けてたから外と中の温度差感じなかったけどさ

今日は7時に目を覚ましたものの
エウレカは見る気が起きず、最近妙に硬くなった髭と30分間格闘しておりました
先々週から (マジレンジャーがゴルフで休みだった時) エウレカの視聴を切ったことが今になって悔やまれます
でも一話でも見てないと途端に見る気が失せてしまいます
なんてタイミングが悪い時に切るかな自分・・・orz

マジレンジャーは来週あたりにコンドールマンが仲間になるそうですよ
condor3s.jpg
あ、これがコンドールマンね

響鬼はガチホモ臭が大分増してきたなぁ・・・
プリキュアは今日はよかった・・・・のかな?
今日はSSS氏は来なかったか・・・

そんな感じで午前を過ごした後に午後から前日に予約をした美容院に髪を切るのと
あと髪を染めるのに行ってきました
最近は染料などにも色々体に良くないものが入っているらしく
そこの美容院ではビーワンという1リットル7000円もする水で薄めたりして使っていました
とにかく色々と初めてな作業を体験して、3時間ほど掛かりました
その間、院長さんと色々長話をしていたのですが

院「結構最近の若い人ってオレンジレンジとかケミストリーとか聞いてるんでしょ?」
俺「いやー、自分はどっちかって言うと・・・歌謡曲っていうんですか? そっちですかねえ・・・」
院「えぇっ!? それって、演歌とかそういうの?」
俺「いえ、むしろ80年代前後の・・・ルビーの指輪とか」
院「えぇーっ、それじゃ異邦人とか?」
俺「あ、大好きですね」
院「・・・・アンタ若いんだからさぁ・・・」

おっちゃん、そんな変な目で見ないでおくれよ・・・orz
ウルトラマンマックス第一話『ウルトラマンマックス誕生!』 感想
1120257403116s.jpg

さーて・・・どう評価していいものかどうか・・・

とりあえずまだ一話目なのでなんとも言えないですが
僕としては掴みはOK、って感じですか

怪獣が出現した時に、怪獣の名前を表示してましたが
あれはかなり好きですよ
子供が怪獣の名前を覚え安いと思いますし
何よりその怪獣の印象がより記憶に残ります

OPは可も無く不可も無く・・・・って所ですかね
これでもかと言わんばかりに影絵!影絵!影絵!
かなりテンポがよかったと思います

ドラマパートについて
やはり詰め込み過ぎかなと思いました
でも、一話はこれくらいが丁度いいんじゃないかな?
なんて甘い事を言ってみたりして・・・
もう何話かやればもうちょっと突っ込んだ内容で
やってくれるんじゃないかと思います
ところで、主人公のカイト役の青山草太さん
ホーリーランドは見てなかったので
自分はテニプリのミュージカルの乾役の人というイメージの方が強いんですが
(テニプリミュージカルも見たこと無いけれど)
実家の姉が乾が (というか乾×海堂が) 大好きで
『乾、ウルトラマンになるよー』って言ったら
よくわからないけど、大はしゃぎしてました

そして肝心の特撮パート
なかなか熱いです
怪獣同士の壮絶な対決、そしてマックス登場、2体をあっという間に殲滅!
まさに『最強!最速!』を見せ付けてくれました
かなりカッコイイですよ
戦闘機のCGの方も特に違和感を覚えるような物でもなく、自然に見れました
それと気になったのが、途中で出たマックスの頭から出る『マクシウムソード』
あれはもしや斬激系のものと考えてよろしいんですか?
怪獣を真っ二つにしてくれるんですか!?
今からとても楽しみですね!

といった感じだったんですが、やはりまだ判断が付かないですね
ネクサスなんか最初はあれでしたけど、最後の方は自分の中でかなり好評でしたし
今後も、楽しみに見させてもらいます

ところでさ、グランゴン、最後粉々になってたけどさ
もしかしてまた復活するのかなあ?

そして次回、いよいよエレキング登場!
第二話『怪獣を飼う女』
なんか円谷のカルト作『恐怖劇場アンバランス』の
『地方紙を買う女』を彷彿とさせる題名ですね・・・いや、見たこと無いけどさ

では、今度は東京MXのウルトラマンの感想の時に!
今、何時?
アハハハハハハ
マックスまで後3時間ちょいしか無いのにまだ寝てません
起きれるかなあ・・・

あまり詳しくは触れませんが
知っている人は知っている『ぴるす』君がまた色々しでかしたそうで
そのときのレスで『お前はまるでG県厨みたいな奴やなあ』とあり
そのG県厨事件のまとめのサイトのURLも書いてあって
たぶん2時からそれを読み始めて、読み終えたのが今さっきですから
約2時間も読んでたことになるんですね

馬鹿じゃないの俺、俺馬鹿じゃないの

せっかくの睡眠時間がぁあぁぁぁぁ・・・・・・

でも、やっぱり面白いですね、強襲事件(と言うのカナ?)のログと言うものは
・侍魂の健さんの『ヒットマン事件簿』
・ラグナの『S県月宮事件』
そして今日読んだ『G県厨事件』
特に相手の強襲に備えて色々準備するくだりが面白いです
なんかサバイバルかなんかみたいで

まさに生きるか死ぬか!

笑いごっちゃないか・・・


うわぁ、空が明るくなりかけてきてる
3時間でいいや・・・もう寝よう・・・・・・・おやすぅみ・・・
魔法の力を信じるんだ!
久しぶりにポップンやろうと仕事の帰りに
ゲーセンに立ち寄ってみたんですが
学校帰りの若い子達がグループでローテーション組んでやっておりまして
並べる雰囲気でなかったので仕方なく諦めました・・・
なんかその後ろで彼らをずっと睨んでる、いかにもな風貌の男がいましたけどね
なんだか怒りよりも先に、ああ・・・若いなぁ・・・・、と思ってしまうあたり
自分も年を取ったなあ・・・と感じてしまいます
肉体的にもレベル36の曲やると心臓が痛くなるあたり、もう若くないのかなあ・・・と思います

で、やることが無く店内をぶらぶら歩いてると
クレーンキャッチャーのくじ引きを発見
中に景品がディスプレイされていて、その中のカゴに紙のくじがたくさん入ってる奴
で、一等がマジキングだったので、一回100円ならと軽い気持ちで挑戦したのですが・・・・・・


一回目: 中にディスプレイされているマジレッドの大きなフィギュアに引っかかって途中で止まる

二回目: 中にディスプレイされているマ(ry


・・・・・・新手のトラップ? 


いやいやいや、何だよそれ!


奥のボタン少し押しただけで

もう止まっちまうじゃないか!!!




もう俺怒ったかんね!

絶対マジキング

ゲットしちゃるけん

ね!!!!!




で、合計1000円ほど投入、なんとかコツを掴み15個ほどくじを掴む
信じるんだ・・・・自分の魔法を信じるんだ・・・!!!
果たしてその結果の程は・・・・・・



DVC00017s.jpg



4等一枚、3等一枚


びっみょー・・・・・

4等:マジレンジャーのお絵かきグッズ
3等:何度もキャッチャーの足を止めた、憎きジャンボサイズのマジレンジャーフィギュア

マジでびっみょー・・・・・

どうしよ・・・・あまりいらない・・・