ふたば☆ちゃんねるのニ次元裏@ふたばでやっている、 『グロ妹スクリプト』の雑記などをブログにしてみたもの。 雑記って何書けばいいんすかね
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウルトラマンマックス第三話『勇士の証明』 感想
1121468784970.jpg
今日のMVP



よくウルトラマンでどのシリーズが好きかとか、そういう質問をすると、よく
『マン・セブンは好き、でもそれ以降は嫌い』
という意見が出る事が多いです
確かに、マンやセブンには社会性の高いメッセージが盛り込まれた話などが有り
大人でも楽しめる作品として、今でもファンが多い事は確かです
それらを引き合いに出して、マックスのダメ出しをするのも悪いとは思いません
むしろ原点に帰ると言ってるのだから、引き合いに出すのは当たり前かと思います
でもですね、第2期ウルトラシリーズが嫌いと言うのはどうかな・・・と
いや、確かに『帰ってきたウルトラマン』以降は子供が見ることを主体としてましたけど・・・
それこそ、ウルトラ兄弟などの設定などは子供向けでしょう
帰マンの『怪獣使いと少年』などのような例外を覗いては子供が見ることを中心にして製作されていたはずです
だから、話が面白くないと感じるのも仕方が無いと思います
ですが、いくらなんでもタロウや80のようなファミリー色の強いものを「最悪な作品」と言ってしまうのは、正直面白くないですね・・・
そこまで見下した言い方をしなくてもいいのではと、とあるブログを見て思いました

と、最初にちょっと愚痴らせてもらい申し訳ありませんでした
それでは今日のマックスです

UDFの上層部の会議で、ウルトラマンマックスは強大な力を持つエイリアンであり
現段階では、敵か味方か慎重に調査するということになった
それをよく思わないカイトは反発する
一方そのころ、ある古代遺跡より怪鳥レギーラが出現する
マックスが味方であることを証明したいカイトは無謀な戦い方をして、マックスに変身しようとする
しかし、マックスは現れず、カイトはレギーラに落とされてしまう
隊長は、自分たちの任務は勇士を証明するためではない、とカイトからDASHのバッチを取り上げてしまう
そしてカイトは、自分のするべき事は人々の平和を守るだと言う事を改めて知ったのだった
程なくして今まで行方が知れなかったレギーラが日本に上陸
カイトもマックスに変身し、これに立ち向かう
レギーラの光線に体の自由を奪われてしまうが、マクシウムソードでこれを切断、そのままレギーラに一太刀を浴びせ、倒した

前二話が怪獣とウルトラマンがメインだったのに対し、今回は話がカイトや他のDASHメンバーを中心に展開していました
最初のカイトが反発するシーンはちょっと如何なものかと思いましたが
隊長がカイトに戦う意味を問う所など、面白いと感じる所もたくさん有りました
レギーラとDASHバードのドッグファイトもなかなか迫力があってよかったです
でも、昔の特撮に慣れ親しんだ人には、CG合成は違和感を覚えるのでしょうか?
怪獣との戦闘シーンも、今回は色々やってくれて面白かったです

そして次回、第四話『無限の侵略者』 高速宇宙人スラン星人登場
遂に宇宙人登場です、しかもむっちゃ速いです
どんな戦いを見せてくれるのか、今からとても楽しみです!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。