ふたば☆ちゃんねるのニ次元裏@ふたばでやっている、 『グロ妹スクリプト』の雑記などをブログにしてみたもの。 雑記って何書けばいいんすかね
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生意気ながらも映画「魍魎の匣」見てきたから感想なんか書いちゃったりしちゃったりなんかしてー!(CV:広川太一郎)
匣


まあ見てきたんですな、魍魎の匣、しかもレイトショー
前々から楽しみ半分不安半分で待ってたわけですよ。前売り券も買って、
おまけの魍魎ルービックキューブは残念な事に即行でボロボロに崩れたわけですが・・・
で、本当は初日の初回に見に行こうと思ってたんだけど、
丁度前日サークルの忘年会の徹カラ開けで、それが無理だったのね
で、まあ後に後にと伸ばしてったら今日ですよ。
4週目(おそらく)最終週ですよ。
そうでなくても、今日逃したらそうそう時間を取れないと思ったんで、
今日行こうと決めたわけですな、その日の昼くらいに。
で、どうせならレイトショーかなーってなんとなく思って行ったわけですよ。
近くのヨドバシでガタノゾーアで大怪獣バトルしたりして時間潰して
8時からの上映のを見に行ったんだけど、まあ仕方ないよね。
誰もいない。
誰ーーーー・・・・っも、見に来てない。
もう俺貸切?俺の私物映画館?って感じで・・・
始まるまで一人でもう辛抱堪らんかったですよ。
幸い、映画始まる直前に高校生二人入ってきたから、寂しさが少し紛れたんだけどね。

以下、映画に触れるネタバレチックな感じなので、未見の人で
俺は自分の目で見るまでなんとしてもネタバレには触れないぞって人とか
何評論家ぶってんだ駄目兄め死ね!とかムカついちゃう人は見ないでねー









いやー、見る前はね、どうせ原作通りのストーリーで2時間は無理だし
色々抜いて足して補って構成しなおすだろうと思ってたよ。
原作信者はムクーーーッ!ってなる内容だろうけど、面白ければいいよと、
見る前にキネマ旬報の特集にも京極先生が
「大胆にも原作の要である消失トリックを無くすからビックリした」
ってネタバレしてたの読んでたし、そういう方向かなーって覚悟は出来てたしね

でもなあー・・・まさか誘拐事件自体無くすとは思わなかったなー
終盤まで加奈子さん研究所で蓑虫だもんなー
ある程度は原作のストーリーに沿って行くかと思ってたけど
あそこまで全然別物のストーリーになるとは思わなかったナー
いや、それはいいのよ別に、よかないけど置いとけ

俺としては残念だったのは
場面場面がちぐはぐしてて、全体のストーリーが分かりづらかったんだなー
原作のストーリーを思い浮かべてたのもあるから、その所為なのかもしれないけど
何がどうなってどうなってるの?
って混乱しちゃったんだもんなあ・・・よくわかんね!
ぶっちゃけよくわかんねかった!!!

ただ、京極先生も「面白くなかったのは自分の感性や理解力が劣っていたから」
的な事を言ってたし、そういうのもあるのかなあって
ただ頭の悪い僕のような人間でももう少し分かりやすい構成だったら
もう少し楽しめたなあって思うの、ミル姉本当にそう思うわぁ・・・

でも原作知らなかったらどうなんだろう
やっぱり原作知らないとあのまま素直に見る事が出来て
面白かったりしたのかなって思う
前作「姑獲鳥の夏」なんか正に自分がそうだったからね
映画見て原作読み始めたっていう珍しい人種なんだねー
まあ前作面白かったのは単純に自分が実相寺信者だったってのもあるかも・・・
でも原作読んでみてからDVD借りてもっかい見てみたら
まあ原作信者の言い分もわかるなって感じだったし
真っ白な状態で見たかったなあ・・・

とまあ不満点なんかバカみたいにつらつらと書いてみたけれど
よかった所もあったよ!
音楽がね、よかった
メインテーマが特に良くてね、あの金田一耕助とポアロを
足して2で割った感じのが凄い良かった。
スタッフロール全部あれでよかったのに・・・
あ、東京事変もよかったよ、林檎スキスキ

あとね、敦ちゃんが前作に比べてバカ可愛くなってたの
なっちゃんかわかわ
あ、バカ可愛いじゃなくて可愛いバカって感じかな
コメディパートとかね、今更田中麗奈可愛いと感じるなんて思いませんでした。
恐るべしだね
あ、可愛いといえばマンガの敦ちゃんもかわいいよねー
ボーイッシュな感じが、っていうか蒼い子って感じで
ああもう蒼星石いぃいいいぃい!!!

色々挙げてくとキリが無いんだけど、あとグロ表現ね
凄かったねー、予想よりグロくは無かったけど、頼子の腕片とか
ギリーピッグ?って感じだった
見たことねえけどさあギニーピッグ!
で、四肢切断された頼子がねー・・・
なんていうか、予想に反して・・・うん、エロかったなあーって・・・ふふ
青色の人か774の人でも頼子のエロ描かないかなーとかね
考えちゃったりしてね、ぶっちゃけ加奈子なんかどうでも良かったね
霞むくらいよかったね、さすがWoo!!!
あ、引くなよ!引くなってんだよ!
いいじゃん!別にいいじゃんかよぅ!


まあそんな感じだったわけですがね、
総合的に思い返してみると、うーん・・・ねえ?
やっと終ったかって感じた映画は久しぶりだったかなあ・・・って思ったヨ・・・うん
俺と一緒に見てた高校生二人の
なんともいえないレスし辛そうな雰囲気が今でも忘れられそうにありません・・・
俺もとてもレスし辛かった感じだった・・・
もう映画館全体がそんな雰囲気だった・・・
・・・忘れられんよね、いろんな意味で


あと、とても残念だったのが一つだけ・・・

「幸せになることは簡単なことなんだ」

「人を辞めてしまえばいいのさ」

の言葉が無くなった事だけは絶対に許されざるよ、ガンヘッドの監督
もうね・・・はぁ、なんかもう慣れない映画の感想なんか
長々と書いてもう疲れたよ・・・
今日は、ぴ「雨宮くんとカナコちゃん」の同人誌でも読みながら寝ます!
かわいいよねーカナコちゃん



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。